So-net無料ブログ作成

ふと思ったこと~蕎麦が切れてしまう方へ [蕎麦打ち]

今日、蕎麦を打ちながらふと思いました

 

加水量はどうされているんだろうか。と

 

 



スポンサーリンク











 

蕎麦打ちの本やネットの情報などを見られて、加水量は決めていると思うのですが

それは、職人さんのスピードでの加水量である場合が多いのです。

蕎麦打ちに慣れないときは、捏ねるときも時間がかかり、延しの時間もかかります

そうすると、どんどん水分が蒸発して、端のほうから亀裂がはいり、切れやすくなります。

 

ですので、加水量は、少し多めにいれると上手くきます。

 

捏ねの時はまとまりやすくなりますし、延しの時も少し柔らかくなり、延しの時間も短くてすみます

その代わり、柔らかくなってますので、力加減には気を付けてくださいね。

あと、打ち粉の振り忘れにもご注意を。打ち台にくっついてしまいます。

 

蕎麦打ちに時間がかかる方は余分に、慣れている方は少しだけ。

 

空気が乾燥してますので、加水量は難しいとおもいますが、試されてくださいね 



スポンサーリンク












nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。